■幸友プランニングの耐震構造■

 

    

耐震構造 金物工法で、木造住宅の弱点を強化しています 日本古来の工法である、木造軸組工法(在来工法)は、比較的地震に強い工法です。 この工法は、木と木を、一般的に「ほぞ加工」により接合されています。 この工法は有効な手段ではありますが、地震などの大きな力が加わった場合、接合部に損傷を受けやすいという弱点があります。 幸友商事では、金物工法を採用し、断面欠損を最小限に抑え、かつ強度を高めた接合金具で、住宅の強度を高めています。

 

 

 

 

■確実な基礎工事により高い耐震性を実現■

 

    

耐震構造 住宅の建築において基礎工事は、もっとも重要な部分です。
どんなにデザイン性に優れた高性能の家であっても、基礎工事が十分でなければ、長く生活していく間には家が傾いたりして、取り返しのつかない問題が生じます。
家の設備や内装に問題があったとしても、後で変更することはできますが、基礎の部分はコンクリートでつくられるため、簡単に変更することはできません。基礎を変更するということは、家を建て替えることと等しいことなのです。
お客様の目に見える個所ではありませんが、幸友プランニングでは基礎工事は特に気を使い慎重に行っています。

 

 

 

 

資料請求

 

「KOYU家づくり」

詳しい内容については お気軽に資料請求お申込みください。(無料) お客様の夢に実現すべく行動を起こします。

 

…… お気軽にご相談ください。……

 

株式会社 幸友プランニング

 

049(249)5400

メール お問合せ・ご質問

資料請求はこちら